日米合同委員会は隠された金を表に出す。


日米安全保障条約に基づく日米合同委員会は、日本銀行の発行する紙幣の代わりに、 金(きん)を使用する申し出を受理している。日本&#12 398;"不公平な税制を正す会" では "日本の国民は 高利貸しである中央銀行から 国民の貨幣に関して自由を得るべき時である"と認識してい&#12 427;。日本格付け研究所では "この決定は日本の信用格付けを引き上げるであろう"と言っている。日本弁護士連合会および日本公認会計士協会は、確実に、東京銀行が寄託法を守り、Global Debt Facility(国際負債機関)の所有する預け入れてある12000メートルトンの金を放出するようにと計らっている。

https://s3.amazonaws.com/khudes/85-9-6+Japan.pdf 

Global Debt Facilityは第2次大戦の終わりにJose Rizalと彼の弁護士Ferdinand Marcosに設立された。Wolfgang Struck は現在のGlobal Debt Facilityの正式調印者である。彼の顧問 カレン ヒューデス(Karen Hudes)は国際復興開発銀行の顧問弁護士代行でもある。

Jose Rizal は世界の金が 一時預け入れられた50年後に確実に世界の人々に返却されるように世界銀行を設立した。

預け入れ期間は2005年に終わったが 法の支配の連合が形作られ、隠された金が外に出るのには9年の歳月を要した。ブリックスの国&#12 293; は法の支配の連合の仲間である。

それとは別なある共和国が不換紙幣に換えて金を使用する。世界の人類に有益となるようにGlobal Debt Facilityの205000メートルトンの金(きん)がUBSには預けられている。

添付ファイル:https://s3.amazonaws.com/khudes/UBS-H.Grob.pdf